松江シティ 14連勝 中国サッカーリーグ

【第13節・松江シティFC-JXTG水島】前半33分、ドリブルで攻め上がる松江シティFCのMF長谷優(左)=松江市営補助競技場
 第46回中国サッカーリーグは12日、台風12号の影響で順延になった第13節1試合が松江市営補助競技場であり、優勝を決めている松江シティFCが5位のJXTG水島(岡山)を3-0で下し、開幕からの連勝を14に伸ばした。

 松江シティは前半12分にMF宮内寛斗のゴールで先制。後半に2点を加えて突き放した。

 松江シティの次戦は16日の第17節で、ホームの松江市営陸上競技場で8位の廿日市FC(広島)と対戦する。


 ▽第13節
松江シテ 3 1-0 0 JXTG
ィFC    2-0   水島
             (岡山)
▽得点者【松】宮内寛斗、酒井達磨、西村光司


プレスに苦戦 試合運びに課題

 【評】松江シティは相手の厳しい守備を受けながらも、要所で地力の差を見せて勝ちきった。

 試合開始から前線で激しいプレスをかけられ、攻めあぐねた。パスミスもありリズムをつかみきれずにいたが、前半12分にシュートのこぼれ球を拾ったMF磯江からのパスをMF宮内が決めて先制した。

 後半も相手のプレスに対し、積極的に攻撃できる時間が少なかったものの、後半12分にFW酒井、同25分にFW西村が決めて突き放した。

2018年9月13日 無断転載禁止