「小説の力」2作家語る 松江でJTフォーラム

「物語と人」と題して講演するあさのあつこさん=松江市千鳥町、ホテル一畑
 山陰中央新報社が主催、日本たばこ産業(JT)が協賛の文化講演会「JTフォーラム」が13日、松江市千鳥町のホテル一畑であり、作家のあさのあつこさん、小説家の中村文則さんの2人が「小説の力」などをテーマにそれぞれ講演し、約200人が聴き入った。

 あさのさんは時代小説の取材で過去2度訪れた松江の印象として「歴史に裏打ちされた品がある。物語の糸口を手繰り寄せてくれる町」と紹介。「物語と人」と題した講演では、地元の岡山県を含む全国で災害が頻発する中で「小説には災害で生き延びた人を支える力があると信じている」と強調した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月14日 無断転載禁止