フェラーリが6割ハイブリッドへ 環境対応で22年に

 フェラーリのハイブリッド車「ラ フェラーリ」(手前)=2015年10月、米ニューヨーク(共同)

 【ローマ共同】イタリアの高級車メーカー、フェラーリは18日、経営計画を発表し、2022年までに販売台数の6割をハイブリッド車にすることを明らかにした。環境規制に対応し、生き残りを図る構えだ。世界各国で人気が高まっているスポーツタイプ多目的車(SUV)にも参入する。

 計画では、昨年34億ユーロ(約4500億円)だった売上高を22年までに約50億ユーロに伸ばすことを目標にし、15種の新型車を投入するとした。

 今年7月に就任したばかりのルイ・カミレリ最高経営責任者(CEO)は「野心的な計画だが、具体的な構想に基づいている」と述べた。

共同通信社 2018年9月19日 無断転載禁止