NY株、7カ月半ぶり高値 158ドル高、金融株が主導

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、金融株が相場全体の上げを主導し、前日比158・80ドル高の2万6405・76ドルと1月29日以来、7カ月半ぶりの高値で取引を終えた。

 金融のゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースは、米長期金利の上昇による利ざや拡大が意識され、買い注文が膨らんだ。

 米国と中国の貿易摩擦に対する過度な懸念が和らぎ、影響を受けやすいとされる建設機械のキャタピラーも値を伸ばした。原油高で収益拡大への期待感が高まったシェブロンとエクソンモービルも買われた。

共同通信社 2018年9月20日 無断転載禁止