訪日客回復へ日韓協力 相次ぐ災害で業界団体

 緊急アピールを発表する政府観光局の清野智理事長(左端)と日韓両国の旅行業協会関係者=20日午後、東京都江東区の東京国際展示場

 政府観光局と日韓両国の旅行業協会は20日、相次ぐ災害の影響で落ち込んでいる韓国からの訪日客を呼び戻そうと、観光交流促進の緊急アピールを発表した。

 大阪府北部や北海道の地震、西日本豪雨、台風21号が「日韓の相互往来に影響を与えている」と指摘。その上で「被災地域への観光客の早期回復に向け、協力を一層強化する」とし、旅行商品の宣伝や正確な情報発信に取り組むと表明した。

 政府観光局によると、韓国からの訪日客は7月が前年同月比5・6%減の60万8千人、8月が4・3%減の59万3900人と、2カ月連続でマイナスだった。

共同通信社 2018年9月20日 無断転載禁止