宿泊機能付きレストラン開所式 大山に障害者の就労拠点

オーベルジュ エスプリ・ド・ラ・フォレの開所式でテープカットをするNPO法人結の峰村慧代表理事(左から2人目)ら
 鳥取県大山町大山の大山寺参道沿いに、宿泊機能付きレストラン「オーベルジュ エスプリ・ド・ラ・フォレ」が秋にオープンするのを前に20日、開所式があった。人材育成を目的に障害者が働く施設で県と日本財団(東京都)、米子市のNPO法人結が共同で事業推進。就労支援とともに、大山町の魅力発信を狙う。

 オープンは10月7日。事業を手掛けるNPO法人結(峰村慧代表理事)が障害者や就労困難者が雇用契約を結ばずに就労する就労継続支援B型事業所を、米子市内で運営している。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年9月21日 無断転載禁止