愛好者 碁盤挟み熱戦 益田で正法寺大会 3クラスで腕前競う

盤上で熱戦を展開する参加者
 第26回正法寺囲碁大会がこのほど、益田市横田町の同寺であり、市内の愛好者47人が碁盤を挟んで向かい合い、熱戦を繰り広げた。

 門徒以外も参加することができる大会で、毎年1回、日本棋院益田支部の協力を得て開いている。

 実力に応じてA級(4段以上)とB級(2、3段)、C級(初段以下)の3クラスに分かれ、腕前を競った。

 参加者は、日頃練習してきた実力を発揮しようと、真剣な表情で碁盤を見つめ、熟考を重ねて打ち合った。

 上位入賞者は次の皆さん。

 A級(1)村川律斗(2)大畑博(3)三浦国継
 B級(1)大庭薫(2)滝本隆三(3)渡辺友千代
 C級(1)佐々木隆文(2)岡本寿人(3)堀野晴

2018年10月3日 無断転載禁止