家族連れら初滑り満喫 出雲・湖遊館スケート場 今季オープン

初滑りを楽しむ子どもたち
 島根県出雲市園町の宍道湖公園「湖遊館」のスケートリンクが6日、今季の営業を開始した。初日は滑走料が無料となり、家族連れらが初滑りを満喫した。

 待ち構えた愛好者や家族連れが、午前10時のオープンと同時に氷上へ出て、思い思いの滑りを楽しんだ。町内の子ども会で訪れた雲南市立鍋山小学校2年の渡部胡音さん(7)は「スケート靴を履いて滑ったのは2回目。滑るのが上手になって楽しい」と話した。

 湖遊館のスケートリンクは長さ60メートル、幅30メートルと山陰両県内で最大規模。来年5月6日まで営業し、期間中はスケート教室のほか、フィギュア、スピードスケート競技の国体県予選などが開かれる。

2018年10月7日 無断転載禁止