スサマジ 山形に圧勝 Bリーグ2部

【第3戦・島根-山形】第1クオーター、島根のポマーレがシュートを放つ=山形県総合運動公園総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区の島根スサノオマジックは6日、山形県天童市の県総合運動公園総合体育館で第3戦を行い、東地区の山形ワイヴァンズに95-53で圧勝した。通算2勝1敗で、暫定で地区2位となった。

 島根は高い位置からの厳しい守備で流れを渡さなかった。簡単にシュートを打たせず、ブロックやリバウンドでも優位に立った。攻撃は後半、3点シュートやスチールからの速攻で圧倒。第3、4クオーターは合わせて57点を挙げ、失点は計25点に抑えた。

 第4戦は7日、同体育館で山形と対戦する。

 ◇第3戦(6日・山形県総合運動公園総合体育館、1777人)
島  根 95 21-13 53 山  形
2勝1敗    17-15   1勝2敗
        29-17
        28-8

厳しい守備で優位に

 【評】島根は守備でしつこくプレッシャーを掛けてミスを誘い、大量点につなげた。

 第1クオーターは山形の守りを崩せず、ゴール下のポマーレ、エチェニケの両外国人選手に預ける強引な形で得点。第2クオーターも中盤は攻めが雑になった。波に乗りきれない中で光ったのは守備力。高い位置から外側へ追いだすようにしてパスコースを消した。

 第3クオーターは相手のゾーンディフェンスに対し、北川や伊集らが3点シュートを5本決めて突き放した。最終クオーターも守備の手を緩めず、ターンオーバーからの速攻につなげた。出場した11人全員が得点した。

2018年10月7日 無断転載禁止