「A級グルメ」全国に広がれ 邑南町 4市町と「連合」

A級グルメ構想の拠点施設の一つで、耕すシェフが研修するレストラン。耕すシェフ制度の仕組みを5市町が共有し、地域振興で連携する=島根県邑南町矢上

 食と農を切り口にした「A級グルメ」構想による地域活性化に取り組む島根県邑南町が11月に、同県西ノ島町、福井県小浜市、北海道鹿部町、宮崎県都農町と共に「にっぽんA級グルメのまち連合」を設立する。邑南町が培ってきた「耕すシェフ制度」といった人材育成のノウハウなどを5市町で共有し、連携して定住促進や産業振興につなげる。

 地元食材を最大限に生かした料理をコンセプトとするA級グルメは、食材や生産者への誇りを込めたネーミングで、邑南町全体をブランド化して認知度やイメージの向上を図ってきた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年10月11日 無断転載禁止