浜田港に大型客船寄港 商店街に乗客繰り出す

JR浜田駅前で地図を手に行き先を決めるコスタ・ネオロマンチカの乗船客=浜田市浅井町
 イタリア船籍の大型客船「コスタ・ネオロマンチカ」(乗客定員1800人、5万7150トン)が10日、浜田港に今年最後の寄港をした。5月の初寄港から3回目で、乗船客の街中での消費喚起などを目的に官民でつくる浜田港振興会が初めて港からJR浜田駅(島根県浜田市浅井町)までのシャトルバスを運行。地元の経済活性化を目的としたクルーズ船の受け入れ態勢などを検証し、日本客船を含む来年以降の誘致につなげる。

 5月と7月の寄港時は停泊する福井ふ頭近くの「しまねお魚センター」(同市原井町)を乗船客の受け入れ拠点としていたが、市中心部の駅を拠点に、商店街での買い物や食事なども楽しんでもらおうと、シャトルバスを運行した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年10月11日 無断転載禁止