加計理事長会見/国会で詳細な証言を

 学校法人・加計学園の加計孝太郎理事長が愛媛県今治市にある獣医学部で記者会見した。自らが2015年2月に安倍晋三首相との面会で獣医学部新設構想を語り「いいね」とのコメントをもらったと学園側から報告があったとする県文書の内容を改めて否定。事務局長が事を前に進めるために独断で県に虚偽の情報を伝えたと謝罪した。

 加計問題で今年6月に初めて会見したが、地元記者に限定した上に30分足らずで打ち切って説明不足の批判を浴び、県からも説明責任を果たすよう求められていた。だが加計氏は「県の文書は見ていない」と発言。質問にも「覚えていない」「細かいことは知らない」と繰り返した。

 否定の根拠などを示すこともなく、説明する気がないようにしか見えなかった。面会がなかったのなら、学部新設計画を知ったのは「17年1月20日」とする首相答弁とつじつまは合う。ただ「学部を何とか形にしたくて、私が言ったのだと思う」という事務局長の5月の説明には曖昧さが随所に残る。加計氏がいつ、どのような形で報告を受けたのかも分からない。

 より踏み込んだ説明が求められよう。さらに学園側が当時の首相秘書官や内閣府幹部と面会を重ね、学部新設でさまざまな厚遇を受けたとされる経緯も十分には解明されておらず、加計氏を国会に呼び、詳細な証言をしてもらう必要がある。

 加計問題は、首相と40年以上の付き合いの加計氏が半世紀余りも認められなかった獣医学部新設を計画し、首相主導の国家戦略特区制度の下で実現に向け、えこひいきされ、行政の公平公正が損なわれたのでは-との疑念が発端だった。それを裏打ちするように「総理のご意向」を盾に内閣府から早期認可を迫られたとする文部科学省の内部文書などが出てきた。

 首相側近から実現を急ぐよう圧力をかけられたとの元文科事務次官の証言もある。だが関与を指摘された関係者らは「記憶にない」「記録はない」と繰り返すばかり。15年に半年で3回も学園幹部と会い、特区活用の申請の仕方を事細かに助言したとされる元首相秘書官も「特別扱いしていない」とし、首相には報告しなかったと述べた。

 こうした中、注目を集めたのが首相と加計氏の面会を記した愛媛県文書。事実なら首相が議長の国家戦略特区諮問会議で学園が事業者に決まった17年1月まで学園の学部新設計画を知らなかったという首相答弁は覆る。

 首相は、加計氏と面会したとされる15年2月25日に報道機関がまとめた首相動静上は会っていないとして、面会を全面否定した。しかし首相動静にない”密会”はいくらでもあるとされる。そもそも首相が「腹心の友」と呼び、たびたびゴルフや飲食を共にしてきた加計氏から諮問会議による事業者決定まで学部新設計画を全く聞かされていなかったという説明をすんなり受け入れるのは難しい。

 政府、自民党は加計氏が2度会見したことで一件落着としたいところだろう。しかし行政ばかりでなく政治の信頼までも大きく損ない、民主主義の根幹を揺るがす重大事に発展した一連の疑惑に、記憶も記録もないからとふたをすることは許されない。

2018年10月11日 無断転載禁止