鉄道公園化実現へ JR三江線旧口羽駅 トロッコ車両試運転

地元住民を乗せて旧JR三江線を走るトロッコ型車両=島根県邑南町下口羽、旧口羽駅
 NPO法人・江の川鉄道(島根県邑南町宇都井)が13日、廃線になったJR三江線の旧口羽駅(同町下口羽)で、トロッコ型車両の試運転を行った。同NPOが計画する鉄道公園化構想の実現性を判断するため、20日から始める社会実験の一環。地元関係者らを乗せ、約700メートルの区間を15分ほどで往復した。

 島根県邑南町は、JR西日本から口羽駅と旧宇都井駅(同町宇都井)の鉄道資産を無償で借り受け、資産活用の可能性を探るため、同NPOに来年1月末までの社会実験を委託した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年10月14日 無断転載禁止