新日鉄住金がインド社共同買収へ 欧州のミタルと6千億円で

 新日鉄住金が入るビル=東京都千代田区

 新日鉄住金は26日、インド鉄鋼大手エッサール・スチールの共同買収を目指していた世界最大手の欧州アルセロール・ミタルが落札者に選ばれたと発表した。両社による買収額は債務も含め4200億ルピー(約6千億円)。新日鉄住金は買収により、経済成長に伴い鉄鋼需要の増大が見込まれるインドの事業拡大の足掛かりを築く。

 エッサールは粗鋼生産量がインド4位で、建材向けに強みを持っている。2017年にインドの倒産・破産法の適用を受け、債権者委員会が経営再建に向けて譲渡先を探していた。JFEスチールの関連会社もロシア系の投資会社などと組んで買収を狙っていた。

共同通信社 2018年10月26日 無断転載禁止