スティック手にストレス解消 朝活ドラム 浜田・みずほ楽器

「朝活ドラム」で仕事や勉強への活力を高める受講生たち
 職場や学校に向かう前にドラムをたたいて一日の活力を生み出すユニークな講座「朝活ドラム」が、島根県浜田市浅井町の楽器店「みずほ楽器」で開かれている。高校生や看護師、70代の高齢者ら男女6人が受講し、体の目覚めやストレス解消につながると好評。忙しい朝の時間帯を有効に活用し、仕事や勉強の効率を高めている。

 講座は、朝のドラム演奏に心身への健康効果があると考えた同楽器店が2017年4月に開設した。毎月2回、午前7時10分から1時間、スティックを手にした受講生が、講師の太田千春さん(43)=岡山県和気町=の手ほどきを受けながら、ドラムセットに向かう。

 それぞれが課題曲などを決めて練習に励む。大小のドラムやシンバルをスティックで力いっぱいたたくことが一日の生活のウオーミングアップにつながっており、会社役員の桑野智子さん(37)=浜田市浅井町=は「気持ちがすっきりして、仕事のやる気が出る。大切な生活サイクルの一つ」と笑顔を見せる。

 最初はほとんどが初心者だった受講生も、レベルに応じた指導で上達し、ミニコンサートで成果を披露できるほどになった。

 太田さんは「幅広い年代が集まり、朝のドラムを生活の活力源にしている」と話し、新たな仲間の輪の広がりを期待する。

2018年10月28日 無断転載禁止