解任のスリランカ首相支持を表明 国会議長

 【ニューデリー共同】スリランカのシリセナ大統領がウィクラマシンハ首相を解任し、後任にラジャパクサ前大統領を指名したことを巡り、ジャヤスリヤ国会議長は28日、依然としてウィクラマシンハ氏が首相だとの見解を示した。インドのPTI通信が報じた。

 ウィクラマシンハ氏は解任に強く反発し議会の緊急招集を求めたが、シリセナ氏は11月16日まで議会を停止することで抵抗。国会議長がウィクラマシンハ氏の支持を表明したことで事態がさらに混乱する可能性がある。

 ジャヤスリヤ氏はシリセナ氏に宛てた書簡で、議会の停止は「深刻で好ましくない」結果をもたらすと批判した。

共同通信社 2018年10月28日 無断転載禁止