スサマジ競り勝つ Bリーグ2部

【第12戦・島根-福島】第2クオーター、島根のエチェニケ(左)がゴール下でシュートを放つ=白河市中央体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区3位の島根スサノオマジックは3日、アウェーの福島県白河市中央体育館で第12戦を行い、東地区5位の福島ファイヤーボンズに81-72で競り勝った。通算7勝5敗とし順位は3位のまま。

 島根は相手の守備に苦しんだ。60-59で迎えた最終クオーターに攻守がかみ合い、突き放した。

 第13戦は4日、同体育館で福島と対戦する。

 ◇第12戦(3日・白河市中央体育館、756人)
島  根 81 18-22 72 福  島
7勝5敗    20-16    4勝8敗
        22-21
        21-13

 島根 最終クオーター 好守かみ合う

 【評】島根は最終クオーターに厳しい守備からリズムをつかみ、逃げ切った。

 1点リードで迎えた最終クオーター、圧力を強めたマンツーマン守備で相手の2、3点シュート成功率を30・0%(20本中6本)に抑えた。攻撃はエチェニケのポストプレーとフリースローなどで確実に点差を広げた。

 試合を通じ、拙攻が目立った。前線から2、3人で囲んでくる相手守備に何度もボールを奪われた。ガード陣も落ち着いてボールを敵陣に運べず、ターンオーバー17本を喫し、速攻を許した。

2018年11月4日 無断転載禁止