ヘアデザインの腕競う 浜田で「グランドコンテスト」

真剣な表情で競技に取り組む出場者
 美容師養成の専門学校・浜田ビューティーカレッジ(浜田市浅井町)が主催する技術競技会「グランドコンテスト」が5日、浜田市黒川町の浜田ワシントンホテルプラザであった。同校の学生と県内外の若手美容師ら計42人が出場し、趣向を凝らしたヘアデザインの腕を競った。

 同校の1~3年生13人と島根、広島、大阪の3府県の美容師29人が、パーティー様式の「アップ」(制限時間30分)、創造性が評価される「カッティング」(同30分)、パーマ用のロッドを巻く技術の美しさを競う「ワインディング」(同20分)の3部門に分かれて挑んだ。

 出場者が思い思いにテーマを決める「アップ」と「カッティング」では、髪の毛を編み込んだり、巻いたりして、イメージの髪型に仕上げた。茶色を基調として季節感を出したり、赤を取り入れたりした目を引くデザインもあった。

 コンテストは、若い世代の技術向上を目的に30回目を迎えた。今回から、最優秀賞にプラチナアワードが新設された。

2018年11月6日 無断転載禁止