大田出身の舞踊家・石田種生氏 関連資料 データベース化

石田種生氏に関する資料のデータベース化を進める稲田奈緒美准教授=大田市大田町、市民会館
 島根県大田市出身の舞踊家で、戦後の日本バレエ界をけん引した故・石田種生氏(1929~2012年)を顕彰しようと、桜美林大の稲田奈緒美准教授(56)=舞踊学、松江市出身=が関連資料の収集とデータベース化を進めている。これまでに台本や衣装・小道具のデッサンなど約2千点を整理。「多大な功績を知ってもらい、舞踊研究の発展につなげたい」と一般への公開も検討している。

 石田氏は慶応大在学時にバレエの道に進み、現在国内外で活躍する東京シティ・バレエ団(東京都)の創設に参画。西欧発祥のバレエに日本の伝統・文化や民俗芸能を融合させた創作バレエで独自の世界観を築き、83歳で死去した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年11月9日 無断転載禁止