益田で五輪合宿決定 アイルランド自転車競技

合意書に署名し、握手を交わすブライアン・ニュージェント氏(左)と山本浩章市長=益田市常盤町、市役所
 島根県益田市が8日、2020年東京五輪・パラリンピックの事前合宿誘致で、アイルランド自転車競技連盟と合意した。一般車両の少ない公道利用を想定した練習環境や市の熱意が評価された。市は今後、受け入れ体制の整備を進め、歓迎機運の盛り上げを図る。

 19年に東京で開かれるプレ五輪大会の事前合宿(2回)に加え、五輪出場権を獲得した場合、20年の本番の事前合宿(1回)を益田市で行う。各回とも総勢10人程度という。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年11月9日 無断転載禁止