松江シティ 行くぞJFL 全国地域CL 21日から決勝R

決勝ラウンドに向けて汗を流す松江シティFCイレブン=18日、松江市営陸上競技場
 日本フットボールリーグ(JFL)昇格を懸けた全国地域チャンピオンズリーグ(CL)決勝ラウンドが21日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムで始まる。4度目の挑戦で初めて決勝ラウンドに進んだ松江シティFC。1次ラウンドで見せたようなパスでつないで崩す攻撃に加え、守備に安定感が出れば、JFL昇格が見えてくる。


重要な初戦 パスで攻め勝機を

 FC刈谷(愛知・東海1部)、J.FC MIYAZAKI(宮崎・九州)、鈴鹿アンリミテッドFC(三重・東海1部)と総当たりのリーグ戦を行い、2位以内で昇格する。

 松江シティは1次ラウンド3試合で出場チーム最多の8得点と攻撃が活発。サイドを崩す攻めや、プレスをかけてからのカウンターは迫力がある。

 課題は守備だ。1次ラウンドは4チームで最多の3試合4失点。決勝ラウンドは相手のレベルが上がり、1点が重い。連動性のある守備を心掛けたい。

 初戦の刈谷は、松江シティが9月の全国社会人選手権決勝で対戦し、後半ロスタイムの勝ち越しゴールで破った相手。細かいパス回しで1次ラウンドを3戦全勝し、力がある。

 第2戦のMIYAZAKIは決勝ラウンド初進出。1次ラウンドは2勝1分け、得失点差で2位となった。速いテンポでパスをつなぐ。最終戦の鈴鹿は2勝1分けで突破。豊富な運動量でプレスをかけて主導権を握る。

 松江シティは18日に松江市営陸上競技場で出発前最後の練習を行い、紅白戦では攻守の切り替えやプレスのかけ方などを確認。1時間半、汗を流した。

 田中孝司監督は「精神面を考えても初戦が大事」と刈谷戦の勝利をポイントに挙げる。田平謙主将は「いつも通りやれば勝てる。普段通り戦いたい」と平常心を強調した。


 松江シティFCの試合日程

◯…ゼットエーオリプリスタジアム…◯

 ▽第1戦(21日午前10時45分)
  VS FC刈谷(愛知・東海1部)

 ▽第2戦(23日午後1時半)
  VS J.FC MIYAZAKI(宮崎・九州)

 ▽第3戦(25日午後1時半)
  VS 鈴鹿アンリミテッドFC(三重・東海1部)

2018年11月21日 無断転載禁止