大田・三瓶の草原 優雅な一泊 グランピング施設 試行設置

内覧会でグランピングを体験する参加者=大田市三瓶町、三瓶山西の原
 国立公園・三瓶山西の原(島根県大田市三瓶町)で、整った設備で高級感あるキャンプを楽しめる「グランピング」のモニターツアーが実施される。広告代理店大手、博報堂グループの旅行商品開発「ワンダートランクアンドカンパニー」(東京都)が21日、施設を設置した。国立公園への訪日外国人客増加を図る環境省の国立公園満喫プロジェクトの一環で、27日までの期間中に外国人客を含む約20人がツアーを楽しむ。

 設置場所は、三瓶山を間近に望む西の原レストハウス横の草原。通常はテント設置、キャンプの実施などは禁止されており、今回は環境省が許可した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年11月22日 無断転載禁止