窯焼きピザ おいしい! 美郷の児童 手作り体験

レンガ窯で焼いたピザを受け取る参加者(左から2人目)
 ピザ作りの体験イベントがこのほど、美郷町村之郷の蟠龍峡公園であった。町内の小学1~5年生26人が、地域住民と一緒に手作りピザを窯で焼き、熱々を頬張った。

 同町教育委員会が小学校単位で開催している「放課後子ども教室」の一環。今回は合同イベントで、邑智、大和両小学校から希望者が参加した。

 児童たちは町教委の職員からピザ作りを教わった後、強力粉を練って生地を手作り。ケチャップをつけてタマネギやベーコン、チーズをのせ、坂本和正さん(67)ら住民の手を借りて窯に入れた。

 窯は地元の比之宮連合自治会が今夏、レンガを積み上げて作った余熱式で、約10分後にふたを開けると、こんがりと焼けたピザが出来上がった。

 邑智小4年の水黒美海(みう)さん(10)は「初めてピザを窯で焼いて食べた。生地の上側はもちもち、下側がさくさくでおいしい」と笑顔で話した。

2018年12月5日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ