エゴマ香るミルクジャム 邑南町観光協とオーサン(川本)開発

コラボ商品の日和高原ミルクジャム(エゴマ葉)をPRする邑南町観光協会とオーサンの関係者
 旧JR三江線沿線の地域を食で盛り上げようと、島根県邑南町観光協会と、エゴマ栽培に取り組む同県川本町の建設業・オーサンが「日和高原ミルクジャム(エゴマ葉)」を共同開発し、販売を始めた。邑南町日和地区の牧場で搾った濃厚なミルクの味わいと、川本町特産のエゴマ葉の上品な香りが楽しめる初のコラボ商品。邑南町内の観光施設や両町の道の駅などで扱っている。

 両町を走っていたJR三江線が今春廃止となり、食を通した地域の魅力発信を目指し、両者が連携。邑南町観光協会が販売している低脂肪牛乳を使った人気商品「日和高原ミルクジャム」に、オーサン製の「えごま葉パウダー」を加えた商品開発を企画し、乳製品を手掛ける邑南町の「シックス・プロデュース」に製造を依頼した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2018年12月6日 無断転載禁止