羽生前竜王の原点が閉所 腕を磨いた将棋クラブ

 大勢の将棋ファンが詰めかけた「八王子将棋クラブ」=24日午後、東京都八王子市

 少年時代の羽生善治前竜王(48)が腕を磨いた「八王子将棋クラブ」(東京都八王子市)が24日、40年余の歴史にピリオドを打った。経営者の八木下征男さん(75)は「多くの人に支えられ、いい思い出ばかり」と振り返った。

 八木下さんは1977年、会社を退職。「将棋ファンが楽しめる場所をつくりたい」という思いから同クラブを開いた。翌78年、小学2年生だった羽生前竜王が訪ねてきた。八木下さんは「筋が良く、来るたびに強くなった。将来、名人になるのでは…」と非凡な才能を感じていたという。

 “原点”で鍛えた羽生前竜王は85年にプロ棋士となり、数々の歴史を塗り替えた。

共同通信社 2018年12月24日 無断転載禁止