年越しそば 大忙し 松江

年越しそば作りに励む店主の佐藤博志さん(右)と従業員=松江市奥谷町、神代そば
 大みそかを前に、山陰両県のそば店で年越しそば作りがピークを迎えている。松江市奥谷町の「神代そば」では29日、朝からそば打ちに追われた。

 同店ではこの日、約200人分を作るため、午前7時半に作業を開始。店主の佐藤博志さん(59)や従業員が、松江市産や秋田県産のそば粉をこねて丸めた後、麺棒で延ばしてたたみ、包丁で切って木箱に詰めた。

 佐藤さんは「今年も納得できるそばを作ることができた。年越しそばを食べた人が、来年も健やかに暮らせるように願っている」と話した。

2018年12月30日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ