スサマジ 今季最長5連勝 Bリーグ2部

【第27戦・島根-熊本】第3クオーター5分、島根の佐藤(手前左)がゴール下でシュートを決め、55-47とする=熊本県立総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区3位の島根スサノオマジックは29日、アウェーの熊本県立総合体育館で第27戦を行い、同地区首位の熊本ヴォルターズを83-76で下した。連勝を今季最長の5に伸ばし、通算19勝8敗とした。

 同勝敗で並んでいた2位の広島ドラゴンフライズの試合がなかったため、暫定で2位に浮上。熊本とのゲーム差を1に縮めた。

 島根は前半押し気味に進めた。後半は追い上げられて最終クオーターに一時逆転されたが、勝ち越して逃げ切った。

 第28戦は30日、同体育館で熊本と対戦する。

 ◇第27戦(29日・熊本県立総合体育館、4199人)
島  根 83 31-21 76 熊  本
19勝8敗   12-14    20勝7敗
        17-23
        23-18

 西地区 首位熊本の猛攻しのぐ

 【評】島根は熊本の猛攻を粘り強く守った。

 前半は厳しいマークで相手のリズムを崩した。攻撃ではアレン、北川が2桁得点するなど押し気味に進め、43-35で折り返した。

 第3クオーターは終盤にシュートが決まらず反撃を受け、2点差に詰め寄られた。

 最終クオーターは1分16秒に60-62と逆転されるなど一進一退の展開。アレンらの得点で勝ち越した後、中盤は3点差に食らいつかれたが、残り3分はゴール下を固めて簡単にシュートを打たせなかった。アレン、エチェニケのシュートで77-70としてファウルゲームを振り切った。

2018年12月30日 無断転載禁止