東京円、108円台半ば

 週明け7日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前週末比63銭円安ドル高の1ドル=108円47~48銭。ユーロは75銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円77~78銭。

 昨年12月の米雇用統計で非農業部門の就業者数の伸びが市場予想を上回ったことなどが好感され、投資家のリスク回避姿勢が後退し、ドル買い円売りが優勢となった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は今後の利上げに柔軟な姿勢をみせており、市場では「急激な円安ドル高にはなりにくいだろう」(外為ブローカー)との声が聞かれた。

共同通信社 2019年1月7日 無断転載禁止