キム世銀総裁が辞任 2期目途中、財務改善注力

 記者会見する世界銀行のキム総裁=2017年9月、北京(AP=共同)

 【ワシントン共同】世界銀行は7日、ジム・ヨン・キム総裁(59)が2月1日付で辞任すると発表した。キム氏は2017年に再任され、2期目の任期は22年6月末まで3年半残っていた。後任はブルガリア出身のクリスタリナ・ゲオルギエバ最高経営責任者(CEO)が暫定的に代行する。

 キム氏は財務体質の改善に注力し、18年4月には途上国支援を強化するため8年ぶりの増資を決定した。「貧困問題などに従事した総裁職を務めたことは非常に光栄なことだった」との声明を発表した。次期総裁の選出時期は未定。

共同通信社 2019年1月8日 無断転載禁止