米中摩擦、世界の貿易にブレーキ 世銀が19年予測

 2017年11月、北京で共同記者発表に臨むトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=北京の人民大会堂(共同)

 【ワシントン共同】世界銀行は8日発表した世界経済見通しで、世界貿易の伸び率を2019年は前年比3・6%とし、昨年6月時点から0・6ポイント下方修正した。18年も3・8%に引き下げ、17年の5・4%からブレーキがかかる。米中貿易摩擦が響き、輸出や製造活動の鈍化で「減速は想定以上に顕著だ」と指摘した。摩擦が「さらに激化する可能性がある」と警戒感を示した。

 これに金融市場の動揺も加わり、世界の実質成長率は19年を2・9%、20年は2・8%と0・1ポイントずつ引き下げた。

共同通信社 2019年1月9日 無断転載禁止