AIでアマゾン、グーグルが火花 アップルも話題に

 家電見本市「CES」の会場にグーグルが設けた特設ブース=8日、米ラスベガス(共同)

 【ラスベガス共同】米ラスベガスで8日(日本時間9日)開幕した世界最大規模の家電見本市「CES」で、米IT大手のアマゾン・コムとグーグルが、人工知能(AI)が声での質問や指示に応じてくれる音声アシスタント機能のアピールで火花を散らしている。CESには不参加の米アップルも韓国サムスン電子の発表で協業相手として登場。“陰の主役”として存在感を示した。

 グーグルとアマゾンが力を入れる背景には、第5世代(5G)移動通信システムが普及すれば、あらゆる分野のモノがインターネットでつながる「IoT」の進化が加速して、より多くの製品に搭載できると見込んでいることがある。

共同通信社 2019年1月9日 無断転載禁止