米利上げ、当面様子見 世界経済減速、株安で

 米連邦準備制度理事会(FRB)本部ビル(AP=共同)

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は9日、利上げを決めた昨年12月18、19日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公表した。会合参加者は世界経済の減速や金融市場の急変動を背景に「今後の利上げの程度や時期について不透明感が高まっている」とした上で「次の利上げまで我慢強く待てる」とし、当面は景気や市場の様子を見る考えを示した。

 この会合は米国などの株価が下落基調となる中で開催されたが、堅調な雇用や個人消費を理由に主要政策金利を0・25%引き上げることを決めた。複数の参加者は、物価上昇圧力が強まっていないとして金利据え置きを主張した。

共同通信社 2019年1月10日 無断転載禁止