チェーン義務化 戸惑い続く ドライバー周知に課題

タイヤチェーンの装着方法を店員に教わる客(右)=松江市学園南2丁目、イエローハット松江店
 警報級の大雪時にタイヤチェーン装着を義務付ける方針に一般ドライバーから疑問の声が尽きない。「積もればすぐ通れなくなるのか」「罰則は聞いたことない」との声が漏れる。どのレベルの雪で義務付けられるのかや、通行可能なチェーンの種類も浸透しているとは言えず、課題を残したままの開始となりそうだ。

 国土交通省は、特別警報や緊急発表が行われるような異例の降雪を想定する。特別警報の発表は2013年の導入以降なく、15年に設けた緊急発表はこれまで7回。ただ、チェーンを購入した医療系職員野津巧さん(28)=松江市西持田町=が「どの程度で規制されるのか分からない」と話すように基準を知らないドライバーが大半だ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年1月11日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ