美郷町公式キャラ「みさ坊」 アンバサダーに

嘉戸隆町長(右)に対し、進退を懸けて「アンバサダー」の職務を全うすると誓う「みさ坊」
 いのしし年はオイラの年。12年に1度のチャンス生かす-。イノシシの子どものうり坊をモチーフにした島根県美郷町の公式マスコットキャラクター「みさ坊」が11日、町の魅力をPRする「アンバサダー(大使)」に任命された。みさ坊自体の認知度が低いのが大きな課題だが、「成果が出ないなら公式キャラを卒業するウリ。オイラの本気を見せてやる」と、進退を懸けて活動することを誓った。

 任命式が同町粕渕の町役場であり、嘉戸隆町長が任命書を手渡し、「君は全国はおろか、県内でもまだまだ知られていない存在。今年はいのしし年。これを利用しない手はないじゃないか」と奮起を促した。

 みさ坊は、短い腕をバタバタさせながら闘志をむき出しに。絵文字で記した挑戦宣言文を掲げ、「背水の陣だウリ。まだ本気を出してないだけだウリ」と述べ、自身と町の魅力を売り(ウリ)出す決意を表明した。

 1月下旬にある島根ふるさとフェア(広島市)や、2月のスサノオマジックみさとタウンデー(松江市)などのイベントに精力的に出演する予定。

 みさ坊は、生後2カ月の雄。県観光キャラクターで人気の「しまねっこ」をライバル視するが、全国の地域や企業のキャラクターの頂点を決める「ゆるキャラグランプリ」で最高339位と自身の人気はいまひとつだ。アンバサダーの任命は、情報発信の強化を掲げる嘉戸町長の肝いりで、力を温存し

2019年1月11日 無断転載禁止