18年のサンマ、4年連続不漁 水揚げ12万トン、好転見通せず

 福島県いわき市の小名浜港に水揚げされたサンマ=2018年9月

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は12日までに、2018年の全国のサンマ水揚げ量が前年比55%増の11万9930トンだったと発表した。歴史的な不漁だった17年は上回ったものの、例年の20万トン以上の漁獲量に比べると低水準にとどまった。組合は「4年連続の不漁だった」と説明している。今後、好転するかどうかは不透明だ。

 サンマが集まる漁場が港から遠い状態が続き、不漁につながった。19年も漁場は遠いとの見方が専門家の間である。詳しくは分かっていないが、漁場の位置は海流や海水温の変化などが影響するとされる。資源量も枯渇が懸念されている。

共同通信社 2019年1月12日 無断転載禁止