中国ハッカー、経団連を攻撃か 16年公表の不正アクセス

 経団連が2016年11月に公表した不正アクセスに、中国政府とつながりがあるとされるハッカー集団「APT10」が関与した疑いがあることが13日、サイバーセキュリティー専門家らへの取材で分かった。

 経団連の国際協力本部の職員に偽メールが送られ、メールを開くとウイルス感染する手口だったもようだ。サイバー攻撃に詳しい専門家によると「ウイルスの種類と外部通信先が、他の事件でAPT10が使ったものと一致した」という。

 APT10は、軍事機密や知的財産を盗むことを目的に活動している「サイバースパイ」の集団とみられ、昨年末には日米英などが一斉に非難声明を出した。

共同通信社 2019年1月13日 無断転載禁止