哲学者の梅原猛さんが死去 独自の「日本学」確立、文化勲章

 梅原猛さん

 古代史や文学、宗教などを横断し「梅原日本学」と呼ばれる独創的な分野を打ち立てた戦後日本を代表する哲学者で、文化勲章受章者の梅原猛(うめはら・たけし)さんが12日午後4時35分ごろ、肺炎のため京都市左京区の自宅で死去した。93歳。仙台市出身。

 京都大文学部哲学科卒。立命館大教授や京都市立芸術大教授、同大学長を歴任。国際日本文化研究センター設立に尽力し、1987年の発足時から95年まで初代所長を務めた。97年から6年間、日本ペンクラブ会長。

 初期の著作「地獄の思想」などで、日本精神の形成と伝承について考察を加え、次第に関心を哲学から古代史、歴史一般へ広げた。

共同通信社 2019年1月14日 無断転載禁止