NY株、一時230ドル超安 中国の景気減速懸念

 【ニューヨーク共同】週明け14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、中国の景気減速に対する懸念から続落し、前週末からの下げ幅が一時230ドルを超えた。午前10時現在は前週末比136・59ドル安の2万3859・36ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は64・44ポイント安の6907・04。

 中国が14日発表した2018年12月の貿易統計で輸出と輸入がいずれも前年同月に比べ減少。経済の先行き不安が強まり、売り注文が優勢となった。

共同通信社 2019年1月15日 無断転載禁止