高齢化でも成長可能、日銀総裁 G20シンポで講演

 シンポジウムの冒頭、あいさつをする日銀の雨宮正佳副総裁=17日午前、東京都文京区(代表撮影)

 日銀と財務省は17日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁代理会議に先立ち、高齢化による経済や社会保障などへの影響をテーマとしたシンポジウムを東京都で開いた。黒田東彦日銀総裁は講演で、高齢化や人口減少による悪影響があっても「資本の蓄積やイノベーションを促すことにより、経済全体の成長率を引き上げることが可能だ」と訴えた。

 2019年の議長国を務める日本は、高齢化社会での経済や金融の問題をG20財務相・中央銀行総裁会議の議論の柱とすると発表している。

 代理会議は17、18の両日、東京都で開かれる。

共同通信社 2019年1月17日 無断転載禁止