観光振興に生かせ!! 石見神楽

 伝統芸能・石見神楽を観光振興に生かす─。島根県西部の官民が長年にわたって取り組むこのテーマが、2019年は一層大きなものとなる。25年の万博開催が決まった大阪に今春、石見神楽の常設上演施設がオープンする予定で、願ってもない追い風になりそう。地元では外国人観光客(インバウンド)の誘致に生かす取り組みが本格化。知名度向上に向け、文化庁の日本遺産認定、20年の東京五輪・パラリンピック公式イベントでの上演も相次いで申請する。神事でありながらエンターテインメント性が高く、外国人に受ける要素も多い石見神楽。「オンリーワン」の観光素材として発展につなげられるのか。(1月29日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2019年1月29日 無断転載禁止