障害者採用で初の国家公務員試験 倍率10倍、水増し問題を受け

 障害者を対象とした初の国家公務員試験の会場に車いすで向かう人=3日午前、大阪市の大阪中之島合同庁舎 障害者を対象とした初の国家公務員試験が行われた中央合同庁舎第5号館=3日午前、東京・霞が関

 中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、政府は3日、障害者を対象とした初の国家公務員試験を東京や大阪など全国9地域で実施した。この日は1次選考の筆記試験で、採用予定の676人に対し、10倍を超える6997人が受験した。人事院は「大きなトラブルはなかった」としている。

 政府は秋にも試験を実施するほか、個々の省庁でも非常勤職員を含め人材を確保する。年末までに約4千人を採用し、法律で定められた障害者雇用率2・5%の達成を目指す。雇用率は昨年6月1日時点で1・22%にとどまっている。

 今回の試験は、障害者手帳や医師の診断書などを所持する60歳未満の人が対象。

共同通信社 2019年2月3日 無断転載禁止