戦国期の益田氏と吉見氏 専門家 益田でシンポ 両氏を解説

パネルディスカッションで議論を交わす専門家たち
 中世に現在の島根県益田市中心部を拠点にした益田氏と、現在の鹿足郡を治めた吉見氏との関係について語るシンポジウム「戦国の両雄激突-益田氏VS吉見氏」が9日、益田市内であった。専門家の4人が、文化的な特徴や財源など多方面から両氏を解説し、歴史ファン200人が郷土の中世史に思いをはせた。

 シンポジウムではまず、益田市歴史文化研究センターの中司健一主任が基調講演で「両氏は同規模の勢力で激しく争っていたが、ともに文化レベルが高かった。両者の歴史を探ることで、石西の歴史が見えてくる」とした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年2月10日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ