障害児支援サークル設立 県立大の学生「個性伸ばす存在に」

松江ろう学校の生徒に勉強を教える土江智也さん(右から3人目)
 県立大松江キャンパス(松江市浜乃木7丁目)人間文化学部保育教育学科1年の土江智也さん(19)が、障害児などを支援するサークルを立ち上げた。県立松江ろう学校であったボランティアに参加したのがきっかけで「子どもの個性を引き出せる存在になりたい」と夢を膨らませる。

 かねて特別支援教育に関心があり、2018年7月から松江ろう学校の寄宿舎で暮らす児童生徒へのボランティア活動に参加。子どもたちが「お兄さん」と呼んで慕ってくれるのが楽しくなった。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年2月22日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ