小学校生活 心構え学ぶ 米子で入学おめでとう大会

米子署員(右)から通学時などの注意事項を聞く来場者
 今春に小学校入学を予定する子どもと保護者を対象にした「ご入学おめでとう大会」(山陰中央新報社主催、小学館、一般財団法人日本児童教育振興財団協賛)が23日、鳥取県米子市角盤町2丁目の市公会堂であった。約350人が学校生活の心構えを学んだ。

 米子署員による交通安全指導では、同署の広報キャラクター「ベイコップ」が登場。「青になってもすぐに渡らず、右左右を確認する」「手を上げて渡る」といった横断歩道の渡り方や、通学時の注意事項を楽しく伝えた。学校生活を紹介する映画の上映や、アカペラコンサートもあった。

 米子市立福米西小学校に入る石原滉大ちゃん(6)は「ベイコップがかっこよかった。もっと勉強になった」と話した。

2019年2月24日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ