お待たせ ヤマメ漁解禁 出雲、大田 愛好家 渓流にさお

伊佐川でヤマメを釣る愛好家=大田市山口町
 ヤマメ漁が解禁された1日、島根県出雲市や大田市を流れる神戸川の支流で、この日を待ち望んだ愛好家が渓流釣りを楽しんだ。

 大田市山口町の伊佐川では、朝早くから釣り人がブドウムシやイクラといった餌を付けて当たりを待った。神戸川漁協(出雲市下古志町)によると、県内外から流域一帯に約80人が訪れ、午前10時までに40匹を釣った人や、約30センチの大物を釣り上げた人もいたという。

 毎年解禁日に合わせて繰り出すという山本孝治さん(70)=出雲市佐田町窪田=は「春が来たという感じ。今年は暖かく、釣果もいい」と笑顔で話した。

 神戸川の支流では、神戸川漁協が資源回復を目的に成魚の放流を続けており、今年は30カ所で860キロを放流した。

2019年3月2日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ