春の訪れ告げる花ずらり 益田 池坊石見支部作品展

作品に見入る来場者
 益田、江津両市の華道家でつくる華道家元池坊石見支部(石本建二支部長、約100人)の花展「寿(ことほぎ)の春」が2日、島根県益田市有明町の県芸術文化センター・グラントワで始まり、春の訪れを告げる作品75点が来場者を楽しませている。3日も。

 今回は、同支部の秋好綾子さん(89)=益田市駅前町=が多くの弟子を育て、華道へ貢献したとして県内に数人しかいない「准華老補(じゅんかろうほ)」の称号を受けたことや、2021年に創立80周年を迎えることを記念して開いた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年3月4日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ