やけどの3歳女児放置疑い、横浜 母親と同居の男を逮捕

 重傷のやけどを負った女児(3)を自宅に放置したとして、神奈川県警鶴見署は5日、保護責任者遺棄の疑いで、横浜市鶴見区梶山、母親の無職橋本佳歩容疑者(22)と、同居の自称運転手田中聡容疑者(21)を逮捕した。

 2人は「誤って熱湯のシャワーを浴びせた」と話し容疑を認めている。女児の命に別条はないという。

 逮捕容疑は4日、背中から腰にかけて3カ月以上の入院が必要なやけどを負った女児を自宅に放置した疑い。

 4日夕、女児の兄(5)が近所の男性に「ママがいない」と伝え、男性が警察に通報。署員が自宅を訪れ、体にラップを巻かれて布団で意識もうろうとしている女児を発見した。

共同通信社 2019年3月5日 無断転載禁止