ガイナーレ鳥取 10日に今季初戦 戦力補強、J2復帰に挑む

 J3ガイナーレ鳥取が10日、2019年シーズンのリーグ開幕戦を迎える。J3に降格して6季目。力のある新戦力を補強して攻撃的サッカーに磨きをかけ、昨季あと一歩で逃したJ2復帰に挑む。

 昨季は15勝8分け9敗、勝ち点53で3位。J2昇格圏内の2位に勝ち点4差で届かなかった。Jのチームを初めて率いる高木理己監督は今季、「勝ち点60、得点60、失点35」を最低目標に掲げる。

 選手25人中6人が新加入。ブラジルのプロチームから入団したFWユリは得点感覚に優れ、FWのフェルナンジーニョ、ビートルガブリエルが中心の攻撃に厚みが増した。昨季24ゴールで得点王に輝いたFWレオナルド(現J2アルビレックス新潟)以上の活躍に期待がかかる。

 てこ入れを図った守備は、ブラジルから獲得したDFアドリエルが柱となる。センターバックでフィジカルが強い。ボランチのベテランDF大屋翼が試合をコントロールし、幅広いポジションもこなせるのが心強い。

 課題だったセットプレーはキックの精度が高いMF三沢直人、DF福村貴幸が加わり、得点力が上がった。

 今季はJ2から降格したロアッソ熊本とカマタマーレ讃岐、日本フットボールリーグ(JFL)から昇格したヴァンラーレ八戸が加わり、昨季より1チーム多い18チームが12月まで各34試合を戦う。上位2チームがJ2に自動昇格する。

 J3は9日に開幕。鳥取の初戦は10日、アウェーのニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)でYSCC横浜と対戦。ホーム初戦は17日、とりぎんバードスタジアム(鳥取市)でギラヴァンツ北九州と戦う。

2019年3月8日 無断転載禁止