古里の医療に貢献したい 自治医科大合格者 知事訪ね決意語る

溝口善兵衛知事(左端)に決意を語る(左から)持田真矢さん、出雲ひかるさん、岩成済さん
 医師確保が難しい離島や中山間地域で勤務する医師を育てる自治医科大(栃木県下野市)に今春入学する3人が12日、松江市殿町の県庁を訪れ、溝口善兵衛知事に島根の医療に携わる決意を述べた。

 自治医科大は、地域の医療確保を目的に47都道府県が共同で設立した大学で、卒業後は出身都道府県の公立病院などに勤務する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年3月13日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ