ハリセンボンが大量漂着 出雲・多伎の海岸

漂着したハリセンボンの死骸=出雲市多伎町小田
 島根県出雲市多伎町の海岸にハリセンボンの死骸が大量に漂着していることが18日、分かった。周辺の定置網にも大量にかかっており、暖かい海域から流されてきたとみられる。同市湖陵町の海岸でも見つかったとの情報があり、県出雲県土整備事務所が市と協力して海岸パトロールを実施する。

 ハリセンボンは、多伎町小田のシーサイド運動公園に面した海岸に約千匹が打ち上げられていた。波打ち際に約50メートルにわたって重なっており、腐敗が進んでいないことから、最近の漂着とみられる。全身に鋭いトゲがあるため、踏むとけがをする恐れがある。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年3月18日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ